• 03-3807-7002

    東京都荒川区荒川2-1-5  
    セントラル荒川ビル2F  

  • EPARK 予約はこちら

歯を失ったら(インプラント・入れ歯)

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

HOME»  歯を失ったら(インプラント・入れ歯)

抜けた場合はそのまま放置しないで!

虫歯や歯周病といったお口の病気、交通事故、スポーツの衝撃など、さまざまな理由で歯を失ってしまうことがあります。
前歯を失うと目立つため、ほとんどの方は歯科医院を受診されますが、あまり目立たない奥歯などは「面倒だ」とそのまま放置する方が少なくありません。

歯の抜けた場所を放置しておくと…

周囲の歯が少しずつ傾いてきて歯列のバランスを大きく乱してしまったり、噛み合わせが悪くなったり、顔や身体がゆがむことで、肩こりや腰痛などを引き起こしやすくなります。
健康な歯を失ってしまうことなく残すためにも、歯を失ったらすぐに補綴(ほてつ)治療を開始する必要があります。

歯を失ってしまったときの選択肢

歯を失ってしまったときに選択できる補綴治療には、入れ歯・ブリッジ・インプラントという3つの治療法があり、患者様に最適な方法をお選びいただけます。

インプラント

  • 1本から独立して埋入するため、周囲の歯への負担がない
  • 自分の歯のような感覚で噛める
  • メンテナンスがしっかり出来てれば長期の使用が可能
  • 外科処置が必要である
  • 保険が適用できない
 
ブリッジ

  • 保険適用である(セラミックは適用外)
  • 見た目や使い心地がよい
  • 両隣の歯を健康な歯であっても大きく削ることになる
  • 少数の歯で多数歯を支えるので負担過重となることがある
  • お口の変化に合わせて作り直しが必要となることがある
 
入れ歯

  • 保険適用である(耐久性の高い自費の義歯もあります)
  • 取り外しが可能である
  • 比較的短期間に治療が完了する
  • 金属バネを掛ける前後の歯に大きな負担をかける
  • ピッタリ作られたものでも異物感は避けられず、慣れるのに時間が必要

インプラント治療について

インプラントとは、ご自分の歯と同じように自然に噛むことができ、審美的に改善させる「人工歯根治療」のことです。

ガイデットサージェリーを用いた
インプラント治療

ガイデットサージェリーとは簡単に言うと、コンピューターで設計したとおりにインプラント手術を行うことです。
従来のインプラント治療では、CT等で術前に診査・診断を行うものの、歯肉を切開し、骨の状態を見ながら手術を行いますので、術者の経験や治療技術に大きく頼っていました。
ガイデッドサージェリーによる手術では、無くなった歯の部分を理想的に元どおりに修復するよう設計し、設計したとおりの手術と人工の歯を作る事ができます。

インプラント治療の流れ

Step

初診・診察・説明

カウンセリングを行いながら

  • 病歴や健康状態に関する問診
  • 歯周病や虫歯などお口の中の状態の検査
  • レントゲン、CT撮影
  • 歯型の採取

など必要な診査を行います。
検査結果をふまえて、患者様の希望に沿った治療計画を相談しながら決めていきます。

Step
2

インプラント1次手術

顎の骨にインプラントの人工歯根を埋め込む手術です。
場合によっては同時に骨造成を行うこともあります。
インプラント埋入後、1日~2日で消毒をし、約1週間から10日後に来院していただき、術後の経過をみます。

Step
3

インプラント2次手術

1次手術より2~6ヶ月後、骨と生着したことが確認されたら、歯肉に穴をあけて顎の骨に埋まったインプラントに仮の土台を装着します。 この時同時に歯肉移植を行うケースもあります。

Step
4

型どり・装着

歯肉の形態が整った時点で肩をとり、色や形を患者様に合わせて作製します。
土台とかぶせものを装着して終了です。

Step
5

メンテナンスと定期検診

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的なメンテナンスが不可欠です。半年に一度、定期検診を受けるようにしましょう。

入れ歯(義歯)の作製について

入れ歯の種類

部分入れ歯

1~数本の歯を失った場合は、残った歯に金属の止め具(針金)をひっかけて支えとする部分入れ歯を作ります。

 
総入れ歯

すべての歯を失ってしまっているなら、総入れ歯となります。
留め具は用いずに、顎と接触するプラスチックの床に人工歯を並べるタイプの入れ歯です。

入れ歯の素材と特徴

レジン床義歯(保険適用)

健康保険を利用して総入れ歯を作る場合は保険診療の範囲になりますので、プラスチック製の入れ歯もしくは「クラスプ」と呼ばれる金属のバネを歯に引っかけるタイプの入れ歯になります。保険適用で作れるのはこのタイプのみです。

金属床義歯(自費)

保険の入れ歯の土台は(床)の部分はプラスチックで作られていて、強度を持たせるために厚くつくられているため熱が伝わりにくかったりします。金属床を土台にすることによって薄い土台でも丈夫ですし、熱がつたわりやすいので、食べ物を食べたとき温度や味そのものを感じられます。

チタン床義歯(自費)

人間の体と相性が良く親和性の高い金属であるチタンを床にした入れ歯です。金属アレルギーがあるといった方はご相談ください。

ノンクラスプデンチャー(自費))

ノンクラスプデンチャーとは部分入れ歯の金具(バネ)がないものを指します。
入れ歯を装着した時の金具が見えてしまうという見た目を気にされる方にご案内をしております。歯に固定をするため残存歯がないと固定できないということがあります。

コーヌス義歯(自費)

クラスプと呼ばれる(バネ)を使わずに残っている歯に金属冠をかぶせ、その上から入れ歯を装着する部分義歯です。通常の入れ歯は壊れてしまうと何度も作り直すことになりますが、コーヌス義歯の場合は修理をしながら、長年使用することが可能です。

Page Top