• 03-3807-7002

    東京都荒川区荒川2-1-5  
    セントラル荒川ビル2F  

  • EPARK 予約はこちら

小児歯科

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

HOME»  小児歯科

どうして虫歯になるの?

本来、生まれたときには虫歯菌が存在しないって知っていましたか?
虫歯は遺伝ではなく、感染するのです。

お子様にこんなことやっていませんか?

  • 口で噛み砕いて柔らかくしたものなど与える・口移し
  • 同じお箸・スプーン・食器などを使う
  • 暑い食べ物、スープなどをフーフーして与える
  • お友達や兄弟など、他のお子さんが直接触れる可能性のある物の共有
  • 犬や猫などペットとの接触 など

特に生後19ヶ月~36ヶ月の間は、虫歯菌に感染しやすいので注意が必要です。

お子様の虫歯予防

フッ素

フッ素は生えたての歯にもっとも効果があります。
歯が生えたら歯磨きをした後、子供用フッ素入り歯磨き剤(約0.1g)を指で歯に塗ってあげましょう。虫歯予防に繋がります。
ただし、フッ素を塗っているからと言って歯磨きをしないでいると虫歯を防げないので、自宅での歯磨きや、きちんとした食生活を行ってください。
処置の時間もあまりかからないので、定期的に受けていただくのをおすすめしています。

 
シーラント

シーラントと生え始めの永久歯の奥歯の溝や複雑な形の歯の溝を、フッ素の配合されたプラスチックでコーティングしてふさぎ、大人になるまでの間に歯を虫歯から守ることを目的に行います。生え始めの歯は、他の歯より背が低く歯ブラシが届きにくかったり、歯の質が未熟で虫歯になりやすいです。シーラントはこのような事態を防ぐために、プラスチックやセメントで奥歯の溝を埋めて、物理的にお口の環境を改善することができます。

言葉の発音について

舌の下のひだ(舌小帯)が強すぎますと、舌が口の外へ出なかったり、先端がくびれたり、先端が 上あごに付かなかったりして、発音に影響することがあります。 また、著しい場合は哺乳障害を起こします。この場合は短い舌小帯を切って長くしてあげる必要があります。
舌小帯短縮の程度によって発音への影響は異なりますが、まっすぐ舌を前に出した際に、上下歯より内側にある場合は、サ行タ行が発音しにくくなります。
また、舌を前に出しかつ舌の先端が上の歯の裏側につかない場合はラ行に影響が出ます。
影響がほぼないだろうと考えられるのは、開口させて舌の先端が上の歯の裏側にようやく付くレベルまでです。
開口して舌を挙上した際に、舌の先端が引き攣れうまく巻けなかったり、上の歯に付かない場合は手術をしたほうが良いでしょう。
タ行の完成は3歳で、サ行の完成は4-5歳、ラ行は5歳程度と、発達段階があります。
遅くれもサ行が完成する4-5歳までには、手術をなさっておくことをオススメします。
明らかに舌小帯短縮が認められるようであれば、発音の悪習慣がつく前の3歳頃が良いでしょう。

Page Top