• 03-3807-7002

    東京都荒川区荒川2-1-5  
    セントラル荒川ビル2F  

  • EPARK 予約はこちら

顎関節症

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

HOME»  顎関節症

もしかして顎関節症かも

食べ物を噛むときや口を開閉するときに顎がカクカクと音がする、大きく口が開けない、顎が痛いなどの症状を示すものを顎関節症といいます。
また、原因はわからないけど、なぜか顎が痛むなどの症状を経験されたことはありませんか?顎の痛みの原因は顎関節症である恐れがあります。顎関節症は顎関節の周りで何らかの要因で痛みや機能低下が起きる症状です。

顎関節症は日常生活に支障をきたすことが多く、ストレスなどによって悪化すると症状が全身に及び、身体全体の不調につながってしまうこともあります。

こんな症状ありませんか?

  • 耳の穴の前方部(あごの付け根)が口を開けたり、ものを噛んだ時に痛む
  • 口を大きくあけようとすると、顎がひっかかって開かない(指2本入らない)
  • 耳たぶの下あたりから首筋にかけてつるように痛む
  • 顎の関節から音がする(ミシミシ、ポキポキ、など)
  • 顎の筋肉のだるさや痛みを感じる
  • 口を大きくあけたときに、まっすぐ開かない
  • ストレス、イライラからくる関節の違和感や痛みを感じる


上記に一つでも該当すると思われたら、顎関節症の疑いがあります。
レントゲン写真や噛み合わせを検査することをオススメします。

顎と顎周辺に起こる症状

  • 顎の筋肉の痛み、顎のしこり
  • 顎関節の痛み、顎関節の炎症
  • 顎関節のクリック音、雑音
  • 顎関節の動きの異常、脱臼
  • 顎のゆがみ、顎の変形、顔のゆがみ

その他の全身症状

  • 肩こり、首のこり
  • 頭痛、頭が重い
  • めまい、耳鳴り
  • 不眠症などの睡眠障害
  • しびれ
  • 飲み込みづらい、話がしづらい
  • 自律神経失調症
  • うつ病
 

治療方法

治療方法はほとんどの場合はマウスピース、噛み合わせの調整、入れ歯の調整、歯のかぶせものや詰め物による咬合の再構成、矯正治療などといった保存的治療で対応可能です。
マウスピース治療(咬合挙上板、バイトスプリントなどともいいます)は就寝時、日中装着し、顎関節の安静化を図り、後日、噛み合わせを調整し、顎関節の位置を適正化することによって治療効果を得る方法があり最も一般的です。この場合は保険診療が可能です。

軟骨がひっかかっている場合、徒手整復ができることもあります。
また、症状によっては痛みや腫れを抑える薬を使う場合もあります。
関節の軟骨が骨と癒着している場合は顎関節の内視鏡治療を必要とします。
また、関節の軟骨に穴が開いてしまった場合はMRIや造影検査が必要になります。
このようにさらに高度な治療が必要な場合は、県立総合病院・私立病院と連携を取り治療を進めます。
日本顎関節症学会では顎関節症を5つのタイプに分けています。

Ⅰ型

顎の筋肉に異常があり、顎がだるい・痛い場合

Ⅱ型

顎の関節周囲のじん帯などの障害で、口を開けたり、噛んだりすると痛みを自覚する場合

Ⅲ型

顎の関節にある軟骨の異常で、顎から異音・雑音がする、
またはひっかかって口が開けられなくなった場合

Ⅳ型

顎の関節の骨が変形やすり減ってしまい、
痛みや雑音(シャリシャリ音、ジャリジャリ音など)がある場合

Ⅴ型

上記4タイプに当てはまらない場合

Page Top