• 03-3807-7002

    東京都荒川区荒川2-1-5  
    セントラル荒川ビル2F  

  • EPARK 予約はこちら

ブログ記事一覧

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

舌のケアのススメ

「毎日歯磨きをしていますか?」と聞かれると、多くの人がYesと答えるでしょう。
では、「舌のケア」はどうでしょうか。
今回は、舌のケアが口臭予防や健康にどれほど重要かについてお話ししましょう。

舌のケアが必要な理由は、歯磨きの効果を高めるためです。
舌の表面には微細な凹凸があり、舌苔と呼ばれる細菌のかたまりが付着しています。
歯を磨いても舌に細菌が残っていると、再び歯に細菌が付着する可能性があります。
さらに、舌苔は口臭の原因になるだけでなく、誤嚥性肺炎や感染症のリスクも高めます。

では、舌のケアはどうすればよいのでしょうか?

まずは「舌クリーナー」を使って舌を磨くことです。
舌はデリケートな部位なので、力を入れて磨くと傷つけてしまう可能性があります。専用のツールを使い、優しく舌を擦りましょう。

また、こまめな水分補給も重要です。
渇いた口内は、細菌が非常に繁殖しやすくなります。
こまめに水を飲んだりうがいをしたりして、口の中を潤しておくことが大切です。

これらの簡単なケアを取り入れることで、口内環境をより健康な状態に保つことができます。
歯磨きだけでは口臭や口内環境の問題が解決しない場合は、舌のケアにも注目してみてください。

2024-02-05 15:32:53

折りたたむ

口腔ケアのおすすめツール

ご存知の通り、お口の健康には毎日のケアがとっても大切ですね。
口腔ケアを効果的に行うためには、使う道具にも気を使っていきたいものです。
今回は、口腔ケアのツールをご紹介します。

まずは基本中の基本、「歯ブラシ」です。
お口の中は人それぞれ状態が異なります。
歯ブラシの形状も各メーカーで様々なものを出しているので、ぜひご自身に合った歯ブラシを探してみましょう。

歯ブラシだけでは取りきれない汚れには、「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」を使用しましょう。
歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境界など、見落としがちな隙間に入り込んでくれます。
これらも毎回使用することが推奨されていますが、それほど時間を取るのが難しい場合は、就寝前のケアで使用し、1日の汚れを取り除いてください。

口内の殺菌を減らし口臭を予防するには、「うがい薬」や「マウスウォッシュ」も良いでしょう。
しかし、過剰に使用したり、マウスウォッシュだけに頼ったりするのはNGです。
あくまでも歯磨きやデンタルフロス、歯間ブラシの補助的な役割として、適度に併用するのが大切です。

口内環境をより良くするには、舌みがきも効果的です。
舌みがきは磨き方を誤ると舌を傷つけてしまうため、「舌クリーナー」を使用し正しく磨きましょう。

このように、口腔ケアのツールには様々なものがあります。
各ツールは大きさや形、柔らかさなど様々なものがありますので、ご自身のお口の状態に合わせて選びましょう。
何を使ったら良いか迷う場合は、ぜひ医院のスタッフに相談してみてくださいね。

2024-01-09 14:57:05

折りたたむ

歯の健康と全身の健康:口腔ケアの大切さ

歯の健康は、全身の健康にも深く関連しています。
口腔ケアを怠ると、歯周病やむし歯などの歯のトラブルだけでなく、全身にさまざまな健康リスクが生じる可能性があります。
今回は、歯の健康と全身の健康の関連性についてのお話です。

歯周病は、歯茎や歯を支える組織の慢性的な炎症です。
歯周病が進行すると、細菌が血液を介して全身に広がり、心臓病、糖尿病などの全身の慢性疾患のリスクが高まります。
歯周病が関節リウマチの発症や進行に影響を与える可能性もあります。

また、歯周病が進行すると、口内からの細菌が呼吸器に到達し、肺炎や慢性阻塞性肺疾患(COPD)などのリスクが高まることがあります。
妊娠中の歯周病は、早産や低体重児のリスクを増加させる可能性があります。

さらには、歯茎の炎症は、全身の炎症反応を引き起こすことがあります。
特に慢性的な炎症は、心臓病や動脈硬化などの血管系の問題を引き起こす可能性があります。

このようなことからもわかるように、歯の健康は、全身の健康にも深く関連しています。

歯のブラッシングやフロス使用などの基本的な口腔ケアで口内環境を良好な状態に保ちましょう。
定期的な歯科検診で口内健康をチェックすることが、全身の健康を維持する上で重要です。

2023-12-06 11:10:06

折りたたむ

子供の歯のケアは、なぜ必要なの?どうすればいいの?

身体の基礎を作る子供時代に、ご飯を美味しくたくさん食べ、充分な栄養吸収をするために歯の健康は欠かせません。

歯は発音と言語の発達にも影響を与えることがあります。
ケアをして綺麗で健康な歯であれば、笑顔に自信を持てるということもあるでしょう。

何より、子供の頃からしっかり予防的なケアを怠らなければ、大人になってからも歯の健康に問題を抱えることなく、治療費を抑えることもできます。

しかし、そこまで将来のことを想像できない子供に、歯磨きの重要性を伝えるのは簡単なことではありません。

親ができることは、早い段階から正しい歯磨きの方法を教え、定期的にチェックをしてあげることです。

また、毎日楽しんで歯磨きができるように、歯ブラシや歯磨き粉などの道具を子供の喜ぶキャラクターのものにしてみるなど、子供が楽しんでできる工夫も必要です。

歯の健康は、口内の健康だけでなく、将来の全身の健康に関わってきます。
子供の頃からのケアが不可欠です。
それには、親の積極的なサポートと指導が必要なのです。

親と子供が協力して、将来の健康と笑顔を保つために努力しましょう。

2023-11-14 13:54:01

折りたたむ

知覚過敏かな?と思ったら

知覚過敏は、歯の表面にあるエナメル質や象牙質がダメージを受け、
外部刺激に対して過敏に反応する状態です。

冷たい飲み物やアイスクリーム、熱い飲み物、甘い食べ物、歯磨きなどの刺激に対して、
鋭い痛みや不快感を感じることがあります。

原因は、過度な歯磨きや歯ぎしり、
歯周病による歯茎の後退や歯根の露出などが考えられます。

頻繁な酸性食品や飲料の摂取はエナメル質を侵食し、
知覚過敏を悪化させることがあります。

知覚過敏を軽減するためには、柔らかい歯ブラシを使用し、
過度な力をかけない正しい歯みがきの方法を実践しましょう。

酸性食品や飲料を制限し、歯の健康に良い食事を摂ることも大切です。

また、歯科医師が処方する特殊な歯磨き粉を使用することで、
知覚過敏を軽減することもできます。

重度の知覚過敏の場合、歯科医師の治療が必要なこともあります。

これは知覚過敏かな?と思ったら、早めに歯科医師に相談し、適切な治療方法を見つけましょう。

2023-10-06 09:32:30

折りたたむ

歯石取りって何?

歯科クリニックでおこなう「歯石取り」。
なぜする必要があるのでしょうか?

歯石は、食べかすや細菌が歯に付着して硬くなったもので、
歯ブラシやフロスでは十分に除去できません。

歯石が蓄積すると、歯茎の炎症や出血、歯周病のリスクが高まります。
また、歯石は細菌の巣となり、虫歯の原因にもなるのです。

その歯石を除去する歯科処置が歯石取りです。

歯科医師は超音波スケーラーと呼ばれる特殊な器具を使って歯石を取り除きます。
この器具は振動して歯石を砕き、水を噴射しながらクリーニングを行います。
痛みはほとんどありません。

歯科医師は場合によっては手作業で歯石を取り除くこともあります。
この際、細かい歯石や歯垢を丁寧に取り除きます。

歯石を取り除いた後、歯を磨いて滑らかに仕上げます。
これにより、新たな歯石の付着を防ぎます。

歯石取りは一般的に半年に一度以上受けることが勧められています。
しかし、歯の状態によっては頻度が異なることもあります。
まずは歯科医師に相談しながら、あなたの歯の健康を守りましょう。

2023-09-06 10:53:22

折りたたむ

「治療」だけでなく「予防」のための歯医者

皆さん、かかりつけの歯医者さんはありますか?
歯医者に行くのは歯が痛くなったときや詰め物が取れたときばかりで、痛みがなくなったら自然と通院をやめてしまうという方、いらっしゃいませんか?

日本では、歯医者は治療するところという考え方が主流ですが、欧米諸国では異なります。
先進国の多くは、予防のために歯医者に行くという考えが当たり前になっており、特にスウェーデンではなんと8割もの人がきちんと定期歯科検診に通っています。
これに比べ、日本では定期検診を受ける割合は1割以下で、大変遅れをとっていることが分かりますね。

虫歯や歯周病などは、初期段階では痛みを感じることがなく、気づかないまま進行してしまうことが多いため、「予防」と「定期検診」が非常に大切なのです。

もし初期段階で見つかれば、歯を削ったり抜いたりといった負担のかかる治療を回避することができます。
進行した虫歯や歯周病の治療には時間と費用がかかるばかりか、抜いた歯や削った歯は新たに生えてくることはありません。

このように、定期検診を受けずに「予防」を怠ってしまうと、あとで取り返しのつかないことになるかもしれません。
皆さん、定期的に歯科検診を受けることをお忘れなく!
お口の健康は自分でしっかり守りましょうね。

2023-08-07 12:35:29

折りたたむ

口呼吸に注意!

皆さん、お口を開けて呼吸していませんか?

ここ数年はマスクをつけているのが当たり前の生活で、
息苦しいために口を開けて呼吸する癖がついてしまった人も多いようです。

口呼吸は、見た目のだらしなさだけではなく、健康にもよくないことなので、
癖がついてしまっている人はすぐに治すようにしましょう。

口が空いたままということは、体内に細菌やウイルスが非常に入りやすい状況です。
口を閉じて鼻呼吸をすれば、粘膜が侵入を阻止してくれるので、入りにくくなります。

また、口が開いていると、当然口の中は乾燥してしまいます。
乾燥した口内は、虫歯や歯周病の原因菌が増殖するのに都合が良い環境です。
しかし唾液で潤った口内であれば、口内の自浄作用や再石灰化が促され、
お口の健康を維持する役割を果たします。

さらに、意外かも知れませんが、口呼吸を続けていると歯並びが悪くなる可能性もあります。
普段から口を閉じていれば、舌が上顎におさまって筋肉のバランスがとられています。
しかし、口呼吸により正しい位置に舌がおさまらずバランスが崩れます。
すると歯列が綺麗に広がらず、前歯が出てきてしまったり、口を閉じにくくなったりします。

マスクを外すことが増えたこのタイミングに、自分が口呼吸をしていないか、ぜひ意識してみてください。
口呼吸から鼻呼吸に改善することにより、健康が守られることもあるのです。

2023-07-11 14:50:36

折りたたむ

親知らずはなぜ抜くの?

親知らずを抜いたことはありますか?

20代以上の方だと、「はい」と答える人は少なくないでしょう。
ではなぜ親知らずは抜かなければならないのか、ご存知ですか?

ご存知ない方のために、今回は親知らずのリスクについてお話しします。
親知らずは、その名の通り「親が知らない歯」です。親が子どもの歯に関与しなくなる10代後半〜20代前半に生えてくるためです。30代以降に生える方もいれば、一生生えない方もいらっしゃいます。

身体が成長し骨に柔軟さがない大人になってから生えるため、真っ直ぐ生えることは少なく、横向きだったり歯茎に埋まったまま出てこないこともあります。
そのため、周囲の歯にプレッシャーがかかり、傷をつけたり、歯並びや噛み合わせを悪くしたりと健康な歯にも影響を及ぼすのです。
また、歯ブラシが届かないところに生えてしまうと、虫歯や歯周病の原因となります。
このように、親知らずは非常に悪い口内環境を作り上げてしまうのです。

真っ直ぐ生えて正常に機能している親知らずは抜く必要がないのですが、そういったケースは稀ですので、ご自身で判断せず必ず歯科医師に相談しましょう。

歯を抜くのは怖い、痛そう、と放置してしまうと、親知らずだけでなく他の歯も抜くことになってしまうかもしれません。
親知らずがある方は、ぜひお早めに受診してくださいね。

2023-06-13 14:49:14

折りたたむ

家族みんなで子どもの歯大切に!

赤ちゃんに歯が生え始めて普通の食事を始める頃、気になるのは虫歯のリスクですよね。
実際、1歳半から2歳半になる頃には、すでにお口の中には虫歯菌がいると言われているのです。
 
子どものお口の中の虫歯菌の多くは、ご家族から感染しています。
お母さんは妊娠中や産後のホルモンバランスが崩れ、口内環境もよくない場合があります。また、妊娠中は体調が安定せず、さらに産後は子育てに大忙しでお母さんは歯科医院に通う余裕がない場合も多いのではないでしょうか。
 
お母さんと子どもの生活は常に密接しており、気をつけていてもそこから感染してしまうパターンが多いのです。
 
もし、生えてきた乳歯が虫歯になってしまった場合、どうせ抜ける歯だからといって放っておいてはいけません。
乳歯が抜けるのは、ちゃんと顎が成長して永久歯が生える準備ができてからでなければならないのです。
土台となる顎ができる前に乳歯が抜けてしまうと、永久歯の歯並びが悪くなったりと将来の口内にも影響があるのです。
 
子どもの歯を大切にすることは、その子どもの一生の健康を守ることにつながります。
幼いうちは自身でケアやチェックすることは難しいので、ご家族みんなで気をつけていきたいものですね。

2023-05-24 09:22:58

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Page Top